はい、皆さんこんばんわ。
クソ疲労感ある中での本日2つ目の記事でございます、ええ。

今週は2015年6月米国雇用統計(http://kura-investment.blog.jp/archives/1030107995.html
にも書いた様に、米国の超重要指標である、雇用統計の結果発表となりました。
結果発表で思い出したのですが、私の会社での試験の結果も気になりますね?
あ、気にならない??そうですね、すいません
私も正直あんまし気になってませんでした。

はい、雑談はこんくらいにして、今週の値動きのコーナー!

ドル円(1時間足)
キャプチャ87456
ドル円は先週に引き続き、堅調に推移する結果となりました。
ナニコレ、マジドル買い強い・・・ふええええ><
みたいな感じです。
ドル円は125円の節目も金曜日の米国雇用統計で明確に上抜けする結果となり、
その後125.60円付近まで上昇する流れとなりました。
次にドル円が目指す高値としたら127円になるのでしょうが、
こんなに円安になって日本大丈夫なんかなぁ・・・?
まぁ、リーマンショック前は130円とかだったけどなぁ・・・?
という感じで、自分の中でのドル円の適性レート115円から120円の中の
レンジを上抜けしてからは、あまりドル円に手を出す度胸がなくなってきた感じです。
ドル円は来週も引き続き上目線で、サポートラインは125円だと思います。

ユーロドル(1時間足)
キャプチャ52
ユーロドルは今週は概ね、ユーロ買い、ドル売りという相場展開となりました。
1.10ドル、1.11ドル、1.12ドル.1.13ドルとどんどん上抜けしつつも、
1.14ドル付近では売られ、その後米国雇用統計を受け、ユーロドルは下落となりました。
最近のユーロドルはドイツの長期金利高に反応したり、
ギリシャの財政問題に反応したりと、材料は事欠かさない状況なので、
悪い大人どもが好き放題動かしているんかなぁ?とか思う次第です。
1.05ドルと1.15ドルという広いレンジ内での動きが最近定着して気がしますので、
以前ほど積極的にユーロ売り!!!ユーロ売り!!!という
感じにはなれなくなってしまいました。
しかし、長期的にはまだユーロドルはS目線でいきたいと思います。

では、今週は遅くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます!!!
よろしければ、ポチっとクリックをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替ブログへ