皆さんこんばんわ。
昨日は米国雇用統計でしたが、どうだったでしょうか?
私の方と言えば、2日前くらいにXMPを1500円分ほどクレジットに換金し、その後9000円ほどまでうまく増えたので、
今回の雇用統計ギャンブルでゴールドを全力Sしてました。
まぁ・・・うん、そうしたらゴールドが吹きあげてそれから全戻しという・・・
まーギャンブルだったんで、仕方ないかなという割り切りでした。

では、今月の雇用統計についてです。
指標結果は以下の通りです。
非農業部門雇用者数 予想22万8000人 結果22万3000人 前回12万6000人 改定8万5000人
失業率          予想5.4%     結果5.4%     前回5.5%
という結果となりました。
先月の米国雇用統計に関しては私は仕事先の合宿があったので不参加だったため、
2か月ぶりの米国雇用統計記事となります。

先月は非常に雇用統計の結果が悪く、ドル売り相場となったような気がしますが
今月はほぼ指標の予想通りという結果でした。
ちなみに私はドル円は上予想でした。
要するに雇用統計の数値結果は良いという考えだったのですが、
この予想は違ったようですww

では、雇用統計時の値動きを
ドル円(5分足)
キャプチャkoyouどるえん
ドル円は雇用統計発表前にじりじりドル買いとなり、120.20円をつけてドル売り相場となりました。
指標発表直後は3分ほどで60pipsの下落、その後7分ほどで60pipsの上昇という値動きとなりました。
全戻しするにしてもめちゃめちゃ早くてなかなかついていくのが難しい相場だった様な気がします。
その後は119.90円を上抜けすることもなく今週の取引は終了となりました。

ユーロドル(5分足)
キャプチャこようゆおーろどる
ユーロドルは初動はユーロ買いドル売りで相場は反応、1.1286ドルをつけてからユーロ売りドル買い相場となりました。
指標発表直後で57pipsの上昇から8分ほどで100pipsの下落という展開となりました。
その後1.128ドルを狙ったような値動きをしながらも、その付近では叩かれ下落。
全戻しも早くなかなか荒い値動きとなった気がします。
その後直近安値の1.11823ドルを割ることもなく今週は終了となりました。

シリーズ形式の今週の値動きに関しては、遅くても明日には書きますね( ´∀`)つ

何かご指摘ご要望がございましたら、コメント欄にお願いします!!!
よろしければ、ポチっとクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 為替ブログへ