スイスショックと題して1/16にFX会社アルパリ(UK)Limitedが破綻と記事を書きました。
普段あまりPVが高くない当ブログではありますが、予想外にPVが増えて皆さんの関心の高さが伺えました。

さて、今回の記事は 続スイスショック としました。
アルパリ(UK)Limitedに続き
他のFX会社や大手銀行などの会社も非常に大きな損失を出す、または危険な事態となりました。

FXCMは

15日付の発表文で、「スイス中銀の午前の発表を受けたユーロ・フラン相場のかつてないボラティリティ(変動性)で顧客はかなりの損失を被っ た」とし、その影響で「エクイティバランスがマイナスとなり、FXCMへの債務が約2億2500万ドルに膨らんだ」としています。

これはFXCMの株価チャートです。
FXCM
引用:http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=FXCM%3AUS
大体17~16ドル付近で株価が動いていたのに、このスイスショックの影響で12.60ドル付近まで急落しました。
FXCMと言えば、米最大の個人向け外為ブローカーです。
そんなFXCMが・・・(取引量が多いのでわかりますが)というイメージです。

IGグループは約3000万ポンドの損失
ローバル・ブローカーズNZは業務を中断
英銀バークレイズは、数千万ドルの損失を被る恐れ
ドイツ銀は15日に約1億5000万ドル(約176億円)の損失

などど、少し調べるだけでこんなにも多くの企業が爆損こいてます・・・
自分の昨日スイスフラン円で一時5万ぶっこきましたが、桁が違いますね・・・

このスイスショックを発端として世界経済の新しいリスクが生まれそうで怖いですね。

以上スイスショックの続きでした。